新京成電鉄オフィシャルサイト

CiaOCiaOは新京成電鉄が運営するオフィシャルブログです

住宅街の中にある一軒家カフェでまったり休息タイム

ときのはな

こんにちは!みんみんです。本日は鎌ヶ谷大仏駅から徒歩約10分のところにある「cafe ときのはな」さんに行ってきました。鎌ケ谷東部小学校の近くにお店があります。

ときのはな
閑静な住宅街の中にある一軒家・・・かと思いきや、お店の看板がありました。ここからお店の入口へと向かいます。
ときのはな
お店の正面にたどり着きました。温かみのある外観です。

ときのはな
看板とランプがとてもすてきですね。店内に入ると店主の浅見さんがお出迎えしてくれました。
ときのはな

ときのはな
店内はこのような感じでいくつかのテーブル席がありました。一人でも複数人でもゆったりとくつろげる空間になっています。
ときのはな
カウンター席もありました。現在コロナ対策として席は2席と少なめです。

ときのはな
「多目的ルームはるかぜ」というお部屋もありました。ふすまを開けてみると・・・

ときのはな
すてきな和室の客席でした。「多目的ルームはるかぜ」は、コロナ禍前はサークルの集まりなどの多目的ルームとして利用されていたそうなのですが、現在は客席としても利用できるそうです。和室でほっとひと息つきたいなあという方は、浅見さんに相談してみてくださいね。

ときのはな
外にもイートスペースがあります。ここでコーヒーを飲みながらまったり過ごすのも良いですね。目の前にはお庭があるので、暖かい季節になったら視覚的にも楽しむことができそうです。

それではときのはなさんのメニューを見ていきましょう。

ときのはな
フードメニューはトースト・サンド・スープがあります。ドリンクメニューやスイーツメニューも種類が豊富にそろっていますね。

トーストにはトーストサンド(カルピスバター付き)・はちみつトースト(国産アカシアはちみつ&カルピスバター)の二種類、サンドには定番ハムトーストサンド・本日のサンドの二種類があります。

なんとこちらのパンメニュー、ときのはなさん手作りの食パンから作られています!
北海道産小麦 “春よ恋” 100%の生地を低温で長時間熟成させて作られているそうです。

ちなみ手作り食パンは、運が良ければ購入できるかも??ご予約をしていただければ確実に手に入るそうなので、ときのはなさんオリジナルの食パンを食べてみたい!という方はぜひ予約してみてくださいね。
ときのはな
本日ご予約されていたお客さまのお取り置き分です。ファンが多いみたいですね。ふわっふわでおいしそうです!
ときのはな
メニュー表にある本日のサンド・スープ・スイーツとマフィンは店内にある看板に書かれていますので、チェックしてみてください♪

そろそろ私もときのはなさんのメニューをいただこうかと思います。どれにしようか迷いましたが、定番のハムトーストサンドホットコーヒーを注文してみました!

ときのはな
おいしそう~~!!お腹がペコペコだったので、さっそくいただきます。
定番のハムトーストサンドは、ボリューミーで食べ応えがありました。パンがカリッモチッとしていて、ハムとレタスに自家製マヨネーズと粒マスタードが良く合います。あたたか~いコーヒーは角砂糖を溶かしていただきました。

ときのはな
お庭が見える特等席でしばしまったりタイム・・・。なんてぜいたくなひとときなのでしょうか。

ときのはなさんで販売されているスイーツやお菓子も紹介しますね。

ときのはな
販売されているお菓子は全て浅見さんの手作りです。マフィンかケーキか悩みましたが、本日はレモンケーキをいただくことにしました。

ときのはな
国産レモンとはちみつ入りのしっとりさわやかケーキです。はちみつの甘さとレモンのさわやかな酸味が口いっぱいに広がります。レモンスライスものっていて、これがまたおいしい。コーヒーとの相性も抜群でした。

ときのはな
クッキーラスクです!ラスクはときのはなさんオリジナル食パンで作られたもの。ブラウンシュガーとオレンジがあります。私は両方食べました♪サクサクの食感でとてもおいしかったです。

ときのはな
焼き菓子も豊富な品ぞろえになっています。「うさぎのしっぽ」と名付けられたアーモンドクッキーは、本当にふわふわのうさぎのしっぽのようでとってもかわいらしいですよね。

ときのはな
こちらはなんとお庭の柚子で作られた柚子ジャムです!!実際に食べてみたくて、自宅用として買ってみました。トーストにバターを塗って柚子ジャムをのせていただきましたが、柚子の果肉が入っていてそのまま柚子を食べているような感じでした。

ときのはな
ときのはなさんでは委託販売も行っています。マスクやアクセサリーなどのさまざまな小物が販売されているので、お店に入ったときはぜひ見てみてくださいね。鎌ケ谷や松戸でお店をやっていたり、小物を作っている方の作品を買うことができます。
ときのはな
こちらは浅見さんのご友人の絵本「新月くん」。大人も子どもも楽しめそうな作品です。

ときのはなさんは令和元年の7月、築40年ほどの実家を改装してオープンしました。お客さまが飲食するスペースはもともとはリビングだったそうです。「実家に来た感覚でのんびりくつろいでほしい」と浅見さんはおっしゃっていました。

住宅街の中にあるため、お客さまは知る人ぞ知る地元の方が多いみたいです。お散歩をしていてたまたまお店を見つけて入ってきてくれたお客さまもいるんだとか。たしかに、お散歩していてときのはなさんを見つけたら、ちょっと休憩してみたくなりますよね。

また、外回りをしている常連のお客さまから「このお店は私にとって止まり木のような場所なんです」と言われたそうで、その言葉がとても印象的で嬉しかったと浅見さんはお話してくれました。お客さまにとってときのはなさんが憩いの場になっているとのこと。とってもすてきなエピソードも聞けて、ほっこりしてしまいました。

ほっとひと息いれたいときに、時間を忘れてのんびりしたいときに。ぜひ「cafe ときのはな」さんに立ち寄ってみてください。

cafe ときのはな

Address

千葉県鎌ケ谷市鎌ケ谷3-8-84

Tel

047-778-3186

営業時間

11:00~17:00

定休日

土日月


この記事のカテゴリー: 鎌ヶ谷大仏 グルメ, スイーツ, お持ち帰りグルメ, カフェ

この駅の記事一覧