新京成電鉄オフィシャルサイト

CiaOCiaOは新京成電鉄が運営するオフィシャルブログです

「墓石店×カフェ」の不思議空間へようこそ♪

石和カフェ

こんにちは。にじねこMiiです。

 

船橋の馬込霊園近くにあるカフェを訪れました。といっても、ただのカフェではありません。「墓石店のカフェ」です。

 

さてどんなお店なんでしょうか??

 

新京成線「鎌ヶ谷大仏」駅から、「船橋駅北口」行の船橋新京成バスに乗り7分ほど。「霊園入口」バス停で下車し、徒歩10分のところにそのお店はありました。

 

「石和カフェ」

「石和カフェ」は「石和(いしかず)石材」の店舗内に併設されています。さすが石材屋さんだけあって、外にはいろんな墓石がずらりと展示されていました。お墓もいろんなタイプがあるんですね。

石和カフェ

 

墓石とおしゃれなカフェ空間のギャップに驚き!

さてカフェに一歩足を踏み入れると、そこにはまったく別の空間が広がっていました。すてきな水色のソファーが置かれ、なんだか優雅な雰囲気です。

あれ?私たしか、1分前まではお墓見てましたよね(;’∀’)??あまりのギャップに、頭が一瞬混乱してしまいました。

 

明るく開放的な店内の奥にはテーブル席もあり、壁沿いに並べられた雑誌や絵本がいいアクセントになっていてとてもすてきです。ゆったりとした雰囲気で、ついつい寛いで長居してしまいそう!

 

 

石材屋さんがカフェを始めたワケとは?

ところでなぜ石材屋さんが、カフェをオープンしようと思ったんでしょう?

「石和石材」の4代目社長、金子和哉さんによると、現在カフェになっているスペースは、もともと法要やお参りの待ち合わせなどで使われていました。でもここ最近は法要やお墓参りに来る人も減り、部屋を使う頻度も少なくなっていたため、何か有効活用できないかとずっと考えていたんだとか。

 

加えて目の前の道路もめっきり人通りが少なくなり、何とかして足を運んでもらう方法を模索中でもありました。そこで思いついたのが「カフェ」だったのです。

 

気軽に立ち寄れる場所になればとの思いから、昨年1月にオープンしました。以来、地域の方やお墓参りのお客さんが立ち寄ってくれるようになったそうです。

店内にある絵本や雑誌は自由に読むことができます。ボードゲームも置いてありましたよ。ゲームを囲みながらコーヒーを楽しむなんて、贅沢なひととき!カフェでは時間を気にせず、のんびりと過ごして満足して帰ってもらえたらうれしい、と金子さんはおっしゃいます。

 

 

いただいたのはこんなメニュー♪

さて、この日にじねこがいただいたのはこんなメニューです。

「小倉トースト(¥500)」

こちらで使われているのは、人気のパン屋さん「ラ・ナチュール ハイジ」(船橋市咲が丘)の食パン。なんとこのパン屋さん、偶然にもにじねこが以前取材させていただいたお店でもあります。まさかあのおいしいパンをこちらでいただけるなんて!

 

この「小倉トースト」、もともとは息子さんのリクエストから生まれました。金子家で大好評だったため、カフェメニューに加えることになったんだそうです。小倉あんの甘さと、たっぷり溶けたバターの塩味。このコラボ、クセになります!

 

「自家製ベイクドチーズケーキ(¥400)」

こちらは金子さんの奥さま、恵理子さん特製のチーズケーキです。ここから徒歩数分のところにあるこだわりの「奈良たまご」の卵を使っていて、しっとりとコクがある優しい味なんです。もちろんコーヒーにもぴったり♫

 

「石臼挽き体験コーヒー(¥550)」

この日にじねこがいただいたコーヒーは、じつは石臼で挽いたもの。なんと自分で体験ができちゃうんです。(あ、もちろん通常のコーヒーメニューもありますよ。)

取っ手をぐるぐると回していくと、石臼のまわりから細かくなったコーヒー豆が少しずつ出てきます。挽きたての香りが鼻をくすぐり、幸せ気分♪

金子さんがその豆を使って、目の前でコーヒーを淹れてくれました。自分の手で挽いたコーヒーは、まろやかで優しい味がしました。

 

 

「石和カフェ」のお楽しみポイントあれこれ

今回「石和カフェ」を訪れて、小さなお楽しみにたくさん出合える場所だなと感じたので、いくつかご紹介しますね。

 

①ブランコ

店の外にはブランコがあります。しかも最近ではちょっと珍しい、向かい合わせに座るタイプのもの(にじねこの子ども時代にはよく見かけました)。親子や兄弟で一緒にゆらゆら乗るのも楽しそう!

 

② オープンカフェ

カフェの外にもテーブルがあるので、天気のいい日はぜひオープンカフェを楽しんでみては?外で食べると、きっといつもよりもっとおいしく感じるはずです。

 

ちなみに外の席はペットもOKとのこと。お散歩ついでに立ち寄るのもいいかもしれませんね。

 

③石ころアート

「石和カフェ」では絵本やブランコなど、家族連れのお子さんも楽しめるようにと工夫を凝らしています。「石ころアート」もその一つ。白い玉石に、カラーペンで自由に絵を描いたり色を塗ったりするのですが、これが子どもに限らず大人もけっこう夢中になるそうなんです。ぜひ一度トライしてみてくださいね。

 

④卓球台

「石和カフェ」の隣接棟内には卓球台が設置されています。(利用料:30分¥500/延長10分¥100)。一台なので誰にも気兼ねなく楽しめるのが好評のようで、リピーターさんも密かに増えているとのこと。卓球を楽しんだあとは、カフェでホッとひと息どうぞ

 

⑤お墓アイシングクッキー

こちらは見た瞬間、思わず目が釘づけになってしまった「お墓アイシングクッキー(¥300)」。強烈なインパクトにやられました!墓石の質感までリアルに表現されています。あまりのシュールさに、つい買って帰らずにはいられませんでした(笑)。

こんな楽しいしかけ(?)がたくさんある「石和カフェ」。少し前には敷地内で「石和マルシェ」というイベントを開催したそうです。近隣の人気飲食店や、手作り雑貨の作家さんが大集結して、お客さんで大いに賑わったとのこと。

 

こんな風にして、もっともっと地域の人たちが自然と集まれる場所になっていったらすてきですね。

 

石和カフェ

Address

千葉県船橋市馬込町1193

Tel

047-438-5330

営業時間

10:00~16:00

定休日

水曜、木曜

鎌ヶ谷大仏駅について(新京成電鉄オフィシャルサイトへ)

JR船橋駅について


この記事のカテゴリー: 鎌ヶ谷大仏JR船橋 グルメ, ショッピング, スイーツ, 雑貨・インテリア, 食品・飲料, お持ち帰りグルメ, カフェ

この駅の記事一覧この駅の記事一覧