新京成電鉄オフィシャルサイト

CiaOCiaOは新京成電鉄が運営するオフィシャルブログです

習志野駅前に本格派の手打ち蕎麦&地粉うどんが味わえるお店が誕生

新京成習志野駅前0分。そば・うどん ゆたけ庵 に行ってきました。

改札を出てすぐ左、本格手打ち蕎麦と手打ち地粉うどんのお店です。

引き戸を開けるとカウンター席が目に入ります。

 

カウンター4席、テーブル4人掛けが2つというこじんまりとしたお店です。

入り口すぐ左には、そば粉を挽く石臼機が回っています。

ここで毎日そば粉を作っている本格派のお蕎麦屋さんです。

店主の植草健一さんは、もともと千葉の稲毛で蕎麦店を長年営業していたのですが、店舗が古くなりリフォームするか新規で出店するか考えていたところ、この習志野の場所を見つけて即断したそうです。

場所変えして2018年4月に開業。長年培ったそば打ちの技術は折り紙付き、稲毛で通っていた人もわざわざ来るほどです。

 

寡黙なご店主ですが、おそば、地粉うどんなどの手打ち麺に関して妥協知らずです。蕎麦は、国産のそば粉にだけこだわっています。

良く使っているのは茨城県産ですが、時期や、蕎麦の実をしっかり見て、その時々に応じたものを仕入れているとおっしゃっていました。

そして毎日お出しする分だけ挽いて、打ちたてを提供しているんですって。

 

あっ、ゆたけ庵さんのメニュー、そろそろご紹介しますね。

まずいただいたのが 辛味大根そば(900円・税込)です。

長野県産の辛味大根をわざわざ仕入れています。オーダーを受けてからおろしているから、キリリとした辛みが引き立っています。

つけダシは江戸前タイプの辛口。鰹節、鯖節の合わさったコクと深みが絶妙。

このゆたけ庵さん、お蕎麦だけでなく、うどんも手打ちなんですよ。

稲庭風の細めな麺ですが、きっちりコシがあるタイプで喉越し抜群。

 

適度に食べきる直前に「は~い、蕎麦湯です」と持ってきてくれる奥さまのタイミングも嬉しいんです。

うどんを食べていても、お願いすると蕎麦湯いただけますよ!

そうそう、お蕎麦、うどんに合わせる天ぷらの揚げ具合いが絶品。とてもオススメです。

 

そこでついついお代わり。

天もりうどん(冷)(1,500円・税込)お願いしました。

(海老天2本と野菜5品)

細麺にもかかわらず、しっかりとコシのあるタイプ。うどんは地粉を使ったタイプもありますよ。小麦の香りが好きな人は地粉を選んでみてはいかが。

夕方からは、蕎麦と相性の良い日本酒、焼酎も数多く揃っているので、呑みにもぴったり。おつまみも充実しているので、帰りしなに一杯飲んでいくサラリーマンも多いそうですよ。

 

地元の駅前で、おいしい手打ち蕎麦で締めるなんてとっても粋ですよね。

次に来るときには温かいお蕎麦、おうどんをいただこうっと。

新京成沿線の麺好きには見逃せないお店がです!

 

そば・うどん ゆたけ庵

Address

千葉県船橋市習志野台4-1-7

Tel

047-779-3637

営業時間

11:30〜14:30(L.O. 14:00)
17:00〜21:00(L.O. 20:30)

定休日

木曜

習志野駅について(新京成電鉄オフィシャルサイトへ)


この記事のカテゴリー: 習志野 グルメ, 寿司・割烹・和食

この駅の記事一覧