新京成電鉄オフィシャルサイト

CiaOCiaOは新京成電鉄が運営するオフィシャルブログです

甘い香りに包まれる秋のローズガーデン

こんにちは。にじねこMiiです。

日に日に秋が深まってきた今日この頃。にじねこはちょっと優雅な気分に浸ろうと、八千代市にある「京成バラ園」を訪れました。

京成バラ園

折しもバラ園では、「オータムローズパーティ 2020」というイベントの真っ最中(10/9~11/15開催)。この日は快晴の空の下、たくさんの人たちが思い思いにバラの庭園散策を楽しんでいました。

バラって春の花?

これまでにじねこは「バラ=春の花」というイメージだったんですが、秋にも楽しめるんですね♪この日バラ園を案内してくれたガーデン部の見形(みかた)さんによると、春と秋ではバラの咲き方も少し違うのだそうです。春は園内のバラが一斉に咲き乱れるのに対し、秋はバラによって満開の時期が少しずつずれるのだとか。

京成バラ園

秋のローズガーデンの楽しみ方

京成バラ園では、これまでも春と秋にイベントを開催してきました。今回はいつも以上にバラ園での時間を楽しんでほしいとさまざまな企画を盛り込んでいます。

1.アンコール ブルーム

春のバラの開花の後、まるでアンコールに応えるかのようにもう一度満開の花を見せてくれる秋のバラを「アンコール ブルーム」と呼んでいます。そしてその秋バラに特徴的なのが「香り」。実は春よりも秋の方が、バラの香りを長い時間楽しめるんだそうです。

イベント期間中は、秋バラと一緒に香り高いドリンクも楽しんでほしいとドリンクカウンターを設けています。コーヒーやワインを片手にローズガーデンを散策するなんて、ぜいたくなひと時ですね♪

京成バラ園

ちなみにこちらのコーヒーは、今回のイベントのために作ってもらったオリジナルブレンド。お店の方によると、秋バラと一緒に楽しめるようにと、香りが高く余韻が残るようなブレンドにしてもらったそうです。

京成バラ園

2.新作のバラ「ローズ ヌーボー」

京成バラ園で年に一度発表される新作のバラ。この時期のボージョレのワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」にかけて、「ローズ ヌーボー」と呼ばれています。今年はラベンダー色の「令(れい)の風」をはじめとした10種類の新作のバラをお披露目しています。

京成バラ園 令(れい)の風

見形さんいわく、新品種のバラを完成させるには10年ほどかかるのだそうです。私たちの目を楽しませてくれる色とりどりのバラは、見えない情熱と努力の結晶なんですね。

3.バラとアートのコラボ

今回のイベントではバラとアートのコラボも楽しむことができます。例えばこちらの「バラとガラスのインスタレーション」

京成バラ園

バラの花びらをモチーフにした1500枚のアートフラワーや、樹脂液とワイヤーで作られた青いバラのディップフラワーを使った空間アートです。光を受けてキラキラと輝き、とってもきれい!

京成バラ園

 

また、アルフォンス・ミュシャの作品もアートプリントで展示されています。女性や植物が繊細なタッチで描かれたミュシャの作品は、時代がたっても変わらぬ人気です。

京成バラ園

 

ローズガーデンを散策

京成バラ園

庭園を歩いていると、本当にいろんな種類のバラが咲いていて驚かされます。この時期ローズガーデンでは、1,000品種、7,000株のバラを楽しむことができます。見形さんによると、バラは品種改良の歴史が長いので、その分たくさんのバリエーションを楽しむことができるんだそうですよ。

ではその中からいくつかご紹介しましょう。

こちらは「桃香」という京成バラ園で作られた品種です。

京成バラ園

上品な香りが楽しめて、まさに「ザ・ローズ」といった印象。「桃香」のように香り高い品種には、名前のところに「香りのバラ」というパネルがついているので、いろんなバラの香りを比べてみるのも楽しいですね。

さてこちらは青空にきれいに映える姿が印象的だった「リオ サンバ」。秋色のグラデーションがとってもきれいなバラでした。

京成バラ園

このバラを見て、見形さんがおっしゃったこんな言葉を思い出しました。

「不思議なんですけど、オレンジや黄色の秋色のバラって、なぜか春よりも秋の方がきれいに見えるんですよね。」

まさにこの「リオ サンバ」もそんな感じなのかも・・!と妙に納得。

バラのソフトクリームで優雅なひととき

バラ園散策を楽しんだ後は、カフェ「パティオ」でこんなソフトクリームはいかがでしょう?

「バラのソフトクリーム(¥400)」

京成バラ園

まるでラベンダーのようなきれいな色!さっぱりとした口当たりで、一口食べるとバラの香りがフッと抜けていきます。ちょっと優雅な気分になれるソフトクリームです

ローズショップでお気に入りを見つけよう

ローズショップはバラ園の入口にあるバラアイテムのお店。中には所狭しとバラの小物や雑貨が置いてあります。お土産も充実しているのでぜひのぞいてみては?

京成バラ園

中には京成バラ園のオリジナル商品のコーナーもありました。こちらはまさに先ほどローズガーデンに咲いていた「桃香」のオードトワレ!自分へのお土産に買ったらきっと気分も上がりそうです♪

京成バラ園

それからとっても気になったのがこちらの「花ぼんぼり(¥1,500)」

京成バラ園

なんとバラのようかんなのです!「花ぼんぼり」という品種をイメージして作られたそうです。「なごみの米屋」さんとのコラボ商品で、数量限定品とのこと。にじねこもぜひ試してみたいと思い、買って帰りました。

さて切ってみるとこんな感じです。

京成バラ園

ピンクの色がとってもきれい!ようかんの中にはバラとクランベリーが入っていて、いつものティータイムもランクアップすること間違いありません♪

今回初めて訪れた「京成バラ園」。市街地から離れたところにあるイメージでしたが、最寄りの東葉高速鉄道「八千代緑が丘駅」からも徒歩15分と近く、まさに街の中にあるバラ園でした。

秋空の下、高層マンションを遠くに眺めながら満開のバラを見るのは不思議な感じでしたが、逆にそれが新鮮ですてきなバラ時間を楽しむことができました。

京成バラ園

Address

千葉県八千代市大和田新田755

Tel

047-459-0106

営業時間

<10・11月> 9:00~17:00(最終入園は16:30まで)
*時期や曜日により変動するため、HPにて事前にご確認ください。

定休日

無休

備考

「京成バラ園」のHPはこちらです。


この記事のカテゴリー: 八千代緑が丘 レポート, イベント

この駅の記事一覧