新京成電鉄オフィシャルサイト

CiaOCiaOは新京成電鉄が運営するオフィシャルブログです

科学館をまるごと堪能しよう!

千葉中央駅から徒歩6分ほどの場所にある「千葉市科学館」こちらの科学館では、科学を身近に体感できる企画が盛りだくさんです。

どんな様子か、週末3日間(このときは10月16~18日)の「市民の日無料開放」に出かけてみました。


小さいお子さんのいるご家族は、休日のおでかけにピッタリですね。


フロアごとにテーマがあるんです。

宇宙と地球、自然や生命の不思議を体験する「ジオタウン」・くらしを支える技術を通し、その原点を解く「テクノタウン」・視覚、音、数の不思議を科学的に探究する「ワンダータウン」。

季節ごとに、興味深い番組が用意されているプラネタリウムも人気です。



展示物に興味津々の子どもたちでいっぱいでした。視覚に訴えるものって、子どもの興味を引くようです。何か発見があったかな?



スケルトンカーへ真っ先に駆け寄るのは男の子ですね~、カッコいいもんね。


こちらはスピーカーくらべ。低い音から高い音まで、実際に音を出して確かめます。


ワークショップでは「バスボム」を作っていましたよ。


各フロアのスタッフの中には、ボランティアの方もいらっしゃるんです。仕事で携わっていた事の知識を活かしたい・科学に興味がある、そんな方々がイキイキと活躍されています。


この日のお目当てはプラネタリウム、という方が多かったように思います。

社会的距離をとるために席数が限られているので、整理券を入手することを忘れずに!


プラネタリウムのフロアには売店があります。他で見たことのない珍しい「宇宙グッズ」がたくさんあるので、見ていて楽しいですよ。お土産によさそう!



絵本もありますね~。宇宙にはせる思いは、想像力をさらに引き出してくれそうです。



ネットや本だけではわからない、科学の世界を垣間見た気がします。

最後に、案内をしてくれたスタッフさんから皆さんへ。
「企画展や講演会など、年間を通して数々のイベントがあります。何かしらの発見があると思うので、きっと良い学びの場になりますよ」

千葉市科学館

Address

千葉市中央区中央4丁目5番1号Qiball(7-10階)

Tel

043-308-0511

営業時間

9:00~19:00
★新型コロナウイルス対策のため、開館時間が短縮される場合があります。
★各イベントは、諸事情により中止または変更になる場合があります。

備考

詳細はホームページをご覧ください。https://www.kagakukanQ.com


この記事のカテゴリー: 千葉中央 その他, 体験・教室, 記念館・博物館・映画館

この駅の記事一覧