新京成電鉄オフィシャルサイト

CiaOCiaOは新京成電鉄が運営するオフィシャルブログです

子どもも大人も大はしゃぎ!『新京成サンクスフェスタ2019 inくぬぎ山』開催!

10月5日(土)に、毎年恒例の新京成電鉄最大のお祭り『新京成サンクスフェスタ2019 inくぬぎ山』が、新京成くぬぎ山車両基地にて開催されました!

こんにちは、あさみほです。私は初めての参加でしたが、催し自体はなんと今年で25回目。この日は、10月にも関わらず、気温が30度を超える炎天下となりましたが、例年に倣い、オープン前から長蛇の列ができるほどの大盛況! 小さなお子さん連れのファミリーから大きなカメラを携えた鉄道ファンまで、多くの人で溢れかえっていました。

新京成サンクスフェスタの最大の魅力は、体験型プログラムが豊富なこと。普段は入ることができない運転席や線路、整備場に入ることができ、車掌さん、駅長さん、整備士さんなど、様々な職業になりきることができちゃうんです! どれも人気のプログラムなので、整理券はあっという間になくなってしまったのですが、運よく体験することができた子どもたちは大はしゃぎ。

ちょっぴり緊張しながらマイクに向かって「出発しま〜す!」とアナウンスする子や、ハンドルレバーを握って目を輝かせる男の子など、みんな素敵な思い出をたくさん作っていました。

記念撮影ブースでは、なりきり駅長撮影会が行われました。子ども用の制服をまとった子どもたちの表情は、みんなキリッとしてとっても素敵でしたよ!

他にも踏切遮断機やドア装置、Nゲージ鉄道や日本大学による運転台シミュレーターなどたくさんの貴重な展示物が並んでいました。

中でも、ひときわ目を奪われたのが本物の車両。ど〜んと丸ごと展示されたピンクの車両をここぞとばかりに激写しちゃいました。

さらに夜間にしか走らない作業用のモーターカーも登場。乗車することもできて、子どもならずとも胸おどる体験ができました。

また、車輪の下に入ったり、踏切から脱出したり、冒険気分で楽しめるコーナーも大盛況でした。実際に潜ってみたところ、想像以上の迫力にドキドキしちゃいました。

そして、鉄道ファンがひときわ盛り上がっていたのがこちら。う〜ん、大人たちの背中ばかりで何も見えませんね。

長い列に並び、いざその光景を目の前にすると、おもわず「おぉ〜」と声が漏れてしまいました。なんと新京成電鉄の全車種がズラリと並んでいたのです。圧巻ですね!!

興奮冷めやらぬまま、お次はメインステージに行ってみると新京成電鉄のマスコット、ツバメのしんちゃんとけいちゃんがやってきました。たくさんの子どもたちが「かわいい〜!」「すご〜い」と熱狂しながら握手したり、記念撮影をして盛り上がっていましたよ。

続いて横洲かおるお姉さんの歌のステージが行われました。みんなが知っているアニメ映画の主題歌が多く、一緒に歌いだす子どもたちもたくさん。一方、大人たちはお姉さんの華やかな美声に惚れ惚れと聞き入っている方が多く、大きな拍手が鳴り響きました。

さて、ここまでは第1会場の催しです。少し離れた場所にある第2会場にも行ってみたところ、こちらもまたまた大行列! 冒頭の写真で紹介した恒例のミニ電車コーナーはもちろん、なんと電車や可愛いモチーフを顔に書いてもらえるフェイスペイントコーナーも45分待ちというのには驚きました。みんな電車が大好きなんですね!!

他にも沿線各市PRブースや鉄道グッズの出展、フォトパネルなどもあり、お楽しみが目白押しだった新京成サンクスフェスタ。今年は天候にも恵まれ、多くの方が参加されたというお話も耳にしました。いや〜、それにしても、人も太陽も本当に熱い1日でした!!

心地よい疲れとともに新京成の電車に揺られて帰宅後、この日の戦利品をパシャリ。オリジナルおむすびセットや電車のパッケージがかわいいお菓子の他、今年の冬から運行を始める新車両80000形の缶バッジや長い列を並んで完成させた重ね捺しスタンプラリーカードなど大切な宝物が一気に増えました!

今年は参加できなかったという方、来年はぜひ参加されることをおすすめします。新京成サンクスフェスタでしか楽しむことができない貴重な経験、素敵な思い出、うれしいお土産がたくさん手に入りますよ!

 

新京成くぬぎ山車両基地

Address

〒270-2216 千葉県松戸市串崎新田190−2


この記事のカテゴリー: レポート, イベント