新京成電鉄オフィシャルサイト

CiaOCiaOは新京成電鉄が運営するオフィシャルブログです

自家製ぬか漬けも隠れ名物の老舗そば屋さん

こんにちは。にじねこMiiです。

今日ご紹介するのは、「常盤平」駅から歩いて7分ほどのところにある「そば処 もりた屋」という老舗そば屋さんです。

もりた屋

店の入口の前には、「揚げ玉(¥100)」とクーラーボックスに入った「自家製お新香(350円)」が置いてあり、じつは以前から気になっていたのでした。

もりた屋

今回初めて縄のれんをくぐり店内へ入ると、お座敷や通常のテーブル席のほか、大きなテーブル席もあり、全体的にゆったりと落ち着いた造りです。

もりた屋

 

ご主人のお父さんが始めたこちらのお店、なんと、昭和35年が創業とのこと!常盤平駅からまっすぐのびるけやき通り沿いにあり、常盤平団地が立ち並ぶちょうど中心部辺りに位置します。団地をはじめとする地元のお客さんが多いそう。現在はご主人が中心となって、ご両親と一緒にお店を切り盛りしています。

もりた屋

 

さてにじねこが注文したのは「天ぷらそば」なんですが、その時気になったのがこのメニュー表!あれ?これ、ふつうは右側と左側、逆に書きますよねえ・・?しかもちょっとした謎かけみたい。

もりた屋

「誰かに似てる?・・・おかめ」なんて、斬新です(笑)。じつはこれ、ご主人のちょっとした遊び心♪

 

もりた屋

こちらが「天ぷらそば(¥980)」。「もりた屋」の人気メニューの一つで、大きい海老天が一本どーんとのっています!そばは自家製の機械打ちで、細麺なのでのど越しもよく、スルスルいけちゃいますよ!

 

またメニューについているお新香は、お店の入り口で売っているものと同じ自家製なんだそうです。ぬか漬けと塩漬けの野菜。特にぬか漬けは、みずみずしい上に漬かり具合もちょうどよい加減。

 

もりた屋

このぬか漬け、なんと60年近く守ってきたぬか床で作られているんです!これは手間暇と愛情をかけなければできないこと。最近ぬか漬け作りを始めたにじねこは早くも痛感しております。なんでも、ご主人のお母さんを中心に、家族みんなで手塩にかけて育ててきたそうです。にじねこ、思わずぬか漬けのコツやら、古漬けのおいしい食べ方までお聞きしちゃいました(笑)。

 

食後はおそば屋さんのデザートにいってみましょう。「そばジェラート(¥320)」なんて発見!

もりた屋

ジェラートの中にはそば粉が練りこまれており、甘さ控えめで、ほんのりそば粉の香りがする上品なスイーツです。黒蜜も添えてありますが、こちらはお好みで♪

 

ジェラートと一緒に「淹れたてコーヒー(¥270)」をいただくのもいいですね。(ランチコーヒーは平日15時まで¥170。)軽めのテイストで、ホッと癒されますよ。

もりた屋

 

ちなみに人気メニューは?とご主人に尋ねると、先ほどの「天ぷらそば」のほかに、おそばとミニ丼のセットも不動の人気とのこと。それからちょっと珍しいところで、「トマトそば(¥850)」も人気メニューだそうですよ!4月~10月の季節限定メニューで、トマトソースと麺つゆを配合したつゆをかけた、野菜たっぷりの冷たいそばです。冷製トマトパスタに近いイメージかな?かなり気になるので、次回試してみたいと思います。

 

もりた屋

老舗でありながら、最近はアプリを作ったり、キャッシュレス決済を取り入れたりと、時代に合わせたお店づくりを進めている「もりた屋」。落ち着いた店内で老舗のそばの味を楽しんでは?

 

そば処 もりた屋

Address

千葉県松戸市常盤平3-29-8

Tel

047-387-5058

営業時間

平日 11:00~15:00、夜は完全予約制
土日祝日 11:00~20:30

定休日

月曜・第1、3火曜(祝日は営業)

 

常盤平駅について(新京成電鉄オフィシャルサイトへ)


この記事のカテゴリー: 常盤平 グルメ, 寿司・割烹・和食

この駅の記事一覧