新京成電鉄オフィシャルサイト

CiaOCiaOは新京成電鉄が運営するオフィシャルブログです

溶岩石のピザ窯で焼くアツアツ・こだわりのナポリピザを駅チカで!

二和向台駅の目の前に、おいしいピザを頂けるお店があるんです。

改札を出たらすぐなので迷う心配ナシ。でも踏切の手前にお店があり、車両や人の往来が激しいので周りをよぉく確認!

お店を見つけて喜びのあまり道に飛び出さないで下さいね~。

PIZZA DINING Richwaru(ピッツァダイニングリッチワル)

もう少しでオープンから1年になろうというこのお店、お昼は地元の家族連れの方や女性がほとんどですが、高齢のご夫婦、お一人さまの男女といったお客さままで、幅広い年齢層に受け入れられています。

高齢の方…というのは、近くに公民館があり、皆さんサークル活動の帰りにお腹を空かせていらっしゃるみたい(^-^)。

クローズ間際の時間帯は、会社帰りの方が多いそう。立地がいいから、ふらっと寄りやすいですよね。

 

 

まずはピザをオーダー。

自家製トマトソースが気になる「マルゲリータ」と生ハムをのせた「オルトラーナスペシャル」です。

エっ!!いきなり2枚食べるの?

・・・ではなくて。ハーフ&ハーフにしていただいたんです。

一人分のオーダーには限界があるので、とお話したところ快く応じて下さいました。手間なのに、なんてお優しいんでしょう!

ただ、卵入りのピザは形が崩れてしまうので、それ以外のハーフ&ハーフなら、ということでした。

ところでナポリピザというと、厚みのあるモチモチの生地でお腹がいっぱいになりそう…と心配していたんですけど、焼き上がったピザを口にすると、厚みがあるのは耳の部分だけ。

モチモチふわふわで耳たぶみたい!生地全体は薄めだから1枚ペロリといけそうです。

ランチタイムはミニサラダ付きのピザorパスタが900円。プラス200円でおかわり自由のドリンクを付けられます。(ランチタイムのみ税込み)

 

ピザの出来は、生地づくりと焼き方で決まります。

生地の発酵の状態を良くしてしっかりと膨らませ、生地の薄い部分は空気を抜く。

そして高温で一気に水分を飛ばして焼くと、外はサクっと中はもっちり、耳もふんわりモチモチの、味・食感ともに良いピザに仕上がるんだとか。

そうそう、耳に付いているポチポチした黒い焦げ目。これもおいしいピザの証拠なんですよ。窯に入れたら、1分もすればいい焼き具合に♪

 

「オルトラーナスペシャル」の生ハムをスライスする様子を見せていただきました。

生ハムは原木で仕入れて、こうして毎日お店でスライスをかけているんです。

切りたてなんてそれだけでおいしいはずですが、さらにおいしくするには、すごぉーく薄くスライスするんです。そうすると口の中の温度で油が溶けて、ふわっと香るんだそう。

 

私がおいしい!と言ってピザを食べていると、店主の君山さんは「ありがたいです、うれしいです」

この言葉で気持ちが温かくなりました。きっと、お客さまが喜ぶことをいつも考えていらっしゃるんですね。

「いいもの、おいしいものを手軽に味わっていただきたい」という思いを原点に始めた今のお仕事。

「親戚がカフェを開いていて、小さい頃からお店を手伝うのが好きでした」

一番興味を持って取り組めたのが、こういった洋食系だったそうです。

料理については独学で、一番頼りになるのは経験だといいます。聞く・調べるも大事だけど、「まずはやってみないとわからないから」

 

「ワラサと生海苔ジェノベーゼ」・「船橋産梨のピューレとバニラアイスのデザートピザ」など、1,000円(税別)の日替わりピザもあります。

 

海苔や梨、ホンビノス貝や小松菜も、千葉県内のお料理屋さんではよく耳にしますよね。他に「総州古白鶏のグリル(1,080円・税別)」も人気メニュー。

千葉と茨城で飼育されている鶏で、臭みがなく肉厚で柔らかいとか。おいしそう!イタリアンはアレンジがしやすいから、地産地消を目指して地元の食材をメニューに取り入れたり、日本人向けに味を変化させて楽しめるといいます。

最後にウレシイお知らせが!毎月7日は「Richの日」。ディナータイムのピザに限り全品500円(税別)でお得です(予約がおすすめ)。

★7日が定休日(月曜)の場合は翌日に振り替え。ピザは持ち帰り可能です。またパーティーの予約やコースも受け付けているので、お気軽にご相談下さいね♪

 

PIZZA DINING Richwaru

Address

千葉県船橋市二和東5-22-1第一ワーゲンビル1F

Tel

047-440-6699

営業時間

昼:11:00~14:00(L.O)

夜:17:00~23:00(L.O)

定休日

月曜定休

二和向台駅について(新京成電鉄オフィシャルサイトへ)


この記事のカテゴリー: 二和向台 イタリアン・フレンチ, グルメ

この駅の記事一覧