新京成電鉄オフィシャルサイト

CiaOCiaOは新京成電鉄が運営するオフィシャルブログです

オーブン料理が人気の古民家カフェが鎌ヶ谷大仏に誕生‼︎

鎌ヶ谷大仏駅から西白井方向へ向かう道を徒歩7~8分。

「オーブンで幸せになれる」カフェ&レストランの

「オーブン+」(オーブンプラスと呼びます)

にいってきました。

昭和時代を懐かしく思える外観。当時の民家の中を店舗に改造しています。

店内はカジュアルな雰囲気。とっても居心地の良い空間です。Wi-Fiも設置済み、各テーブルごとに電源も使えますよ。

 

女性のために、可愛いひざ掛けも用意しています。これからの季節、とってもありがたいですね。

 

店舗前の庭にはハーブも植えて、メニューの中に数々生かされています。

 

屋外はテラス席も用意。暖かい昼の時間、犬連れのお客さんも利用しています。

 

「オーブン+(プラス)」がオープンしたのは2017年11月28日。店主の小林啓介さんは、鎌ケ谷市生まれの地元っ子。

調理師学校を卒業後、ケーキ店、ベーカリー店、レストランなどで料理やデザート作り、オペレーションを学んだのちに、カフェをやろうと以前の職場を退社し物件探しへ。

本人の思いは『一軒家でレトロな感じ』

物件が見つかったと連絡をもらい見に行ったときに、驚くほどイメージ通りということで即決定したそうです。

 

今までの職務経験でケーキやパン、グリル料理を作るオーブン前の仕事の時に、香りで癒されることが多かった小林さん。

その出来たての香りを直接お客さんに届けたいなと思ったのが、お店を出すキッカケなんだそうです。

「オーブン」で作る出来たての美味しさ、そして居心地の良さを「+(プラス)」、それを合わせたのが店名「オーブン+」になりました。

 

オススメメニューは、当然オーブン料理です。

ではランチの人気メニューをご紹介。

 

塩豆腐とトマトのグリルカプレーゼ

(メニュー右)

バゲットと冷静スープ付で1,180円(税別)

(ランチのドリンクセットは+300円)

チーズよりヘルシーな食材の塩豆腐を使った人気メニューです。

塩豆腐がクリームチーズのような・・・モッツァレラチーズのような・・・食感で、カラフルなトマトとバジルを乗せてグリルした彩り鮮やかな一品です。

伺った日は、ランチで売り切れになっていたので、メニューでご勘弁ください。

 

男性に人気が高いのは

牛スジ煮込みのスキレット焼き

サラダ付きで980円(税別)

じっくりコトコト煮た牛肉、とっても柔らか〜いですよ。

パン、ライスどちらにもベストマッチです。

 

 

 

 

 

 

 

くぼさとが気になったのは

カフェタイム(14時~16時)の

ダッチベイビー・マンゴー

パッションとフヌイユのアイス添え

890円(税別)

「ダッチベイビー」とはドイツ生まれのパンケーキのこと。

スキレット(鋳物のフライパン)で焼いて、そのままテーブルに運ばれてくるから、熱々のフワッフワが絶妙です。

表面がサクサク、そして中はフワフワ、2つの食感が同時に楽しめます。

 

上に乗っているマンゴーパッションソースの程よい酸味と甘み、自家製フヌイユハーブの入った香りのよいアイスクリームが口の中でとろけるようです。

フヌイユハーブの香り、とっても心地よい気分に浸れますよ。

 

さらにこのオーブン・プラスには、もうひとつのこだわりがあります。

それは・・・

店主が数々の焙煎コーヒー店を

飲み歩いて選び抜いたドリップコーヒー

 

馬込沢にある「magomecoffee project」の豆を直送してもらってます。

オーダーを受けてから、丁寧に豆を挽いて入れるドリップスタイル。

アイスもホットも1杯ずつ落としていくので、香りと味がとっても引き立ちますよ。

スペシャルコーヒー400円(税別)
(アイスコーヒーは+50円)

出されるカップも、店主が1点1点選び抜いたお店の雰囲気とマッチしたものです。

 

夜は、美味しいワインと一緒に楽しめるオーブン料理を提供。

オススメは、自家製ハーブのボルケッタ

(ローストポークの香草グリル)。680円(税別)

 

 

 

 

 

 

鎌ヶ谷大仏に落ち着く古民家スタイルのカフェができ、夜もワインとオーブン料理でくつろげる場所ができてとっても嬉しくなりました。

これからちょくちょく通いそうな、そんなお店です。

 

オーブン+(オーブンプラス)

Address

千葉県鎌ケ谷市東初富5-7-26

Tel

047-778-2754

営業時間

ランチ 11:00〜16:00
カフェタイム 13:30〜16:00
ディナー 18:00〜22:00

定休日

水曜(予約可)

鎌ヶ谷大仏駅について(新京成電鉄オフィシャルサイトへ)


この記事のカテゴリー: 鎌ヶ谷大仏 グルメ, カフェ

この駅の記事一覧