新京成電鉄オフィシャルサイト

CiaOCiaOは新京成電鉄が運営するオフィシャルブログです

甘さが香る天日干し☆千葉の落花生

「さとうの落花生」さんは千葉産の落花生を取り扱う数少ないお店☆
お店の場所は三咲駅を左に出て国道288号線沿いを歩くこと15分で着きます。
千葉県産の落花生を、農家から直接仕入れて加工しています。
現在の社長のお父様の代から、昔は肥料を扱う会社をやっていましたが、昭和40年頃から、近所の落花生農家の方から頼まれ、落花生を煎り始めたのがきっかけ。

 

お店では、品種それぞれの風味などの特徴を分かりやすく紹介してありました☆

cs021

 

千葉県産の落花生の代表的な品種は、甘みの強い「千葉半立」と香ばしい「ナカテユタカ」。お店での一番人気はやっぱり、殻付きの落花生☆ なんと、時間と手間のかかる天日干し!

cs031
土のついた状態から洗って、天日でやさしく干すことで、もともと持つ味を壊さず、甘みを残すことができるのです…☆
昔は手で剥いたりと、たいへんに手間のかかる作業だったとか。

 

お店には、落花生を使った商品がいっぱい☆

cs061
定番の「バターピー」から、砂糖やコーティングされたピーナツまで。ピーナツ関連商品なら何でも揃いそう…♪

 

いくつかご紹介しますね♪
かわいらしい形の「落花生最中」☆

cs081
濃厚な餡に香ばしい落花生の香りが広がります♪

 

自家製のピーナツバター☆

cs041
バターピーナツをお店でペースト状に加工したもの☆
甘い市販品と違い、無添加で、砂糖も加えていません。
試食させてもらうと、ホントに濃厚!
お料理にも使え、お酒のつまみにもアリです♪

 

ピーナツケーキもあります☆

cs051
ピーナツの香りがふんわり♪ 年配の方にも人気なのだとか☆

 

冷凍ケースの中には、めずらしい「ゆで落花生」も☆

cs07
もちろん自家製です!
やわらかいゆで落花生には、まだ実の入りきっていな若い落花生を使います。収穫してすぐに茹でないと、すぐに鮮度が落ちてしまうのだとか。
貴重な一品ですね!

 

贈り物にも人気の落花生。その組み合わせのお供には、地元のお漬物も人気です☆

cs091

 

帰りに、ピーナツアイスをいただきました♪

cs10
かわいい形でしょ?
ひんやり濃厚で、おいしかったです☆

 

天候によって左右される落花生の収穫。
お話しを伺っていると、本当に手間もかかり大変!
でも、そんな努力が、千葉の食文化を支えているんですね☆
みなさんも、おいしい千葉の落花生を味わってください☆

 

以上、りこりこでした♪
じゃあまたね☆

 

さとうの落花生

Address

千葉県船橋市三咲9-1-11

Tel

047-448-6011

営業時間

9:00~19:00

定休日

水曜

三咲駅について(新京成電鉄オフィシャルサイトへ)


この記事のカテゴリー: 三咲 グルメ, ショッピング, 食品・飲料, お持ち帰りグルメ

この駅の記事一覧