新京成電鉄オフィシャルサイト

CiaOCiaOは新京成電鉄が運営するオフィシャルブログです

松戸の農園で味わう摘みたてフレッシュブルーベリー

ブルーベリーファーム新松戸

こんにちは。にじねこMii です。

ブルーベリーの季節がやってきました。新京成沿線では、今まさに「新京成で行くブルーベリー狩り」を開催中!提携する3農園では、8月まで収穫を楽しむことができます。筆者も今回初めて、ブルーベリー狩りを体験してきました。

「ブルーベリーファーム新松戸」

ブルーベリーファーム新松戸

松戸にブルーベリー農園があるんですね!JR新松戸駅から松戸新京成バスで10分ほど、そこからてくてくと歩いていきます。辺り一面のどかな風景が広がり、忙しい日常をしばし忘れさせてくれます。

しばらく行くと直売所が見えてきました。後ろにはブルーベリー畑が広がっています。鳥よけでしょうか?周りには網が張ってありますね。

ブルーベリーファーム新松戸

オーナーの小幡さんにお話を伺いました。「ブルーベリーファーム新松戸(おばたファーム)」はなんと、江戸時代から続く農家なのだそう。長い間、野菜と米を栽培してきました。

小幡さんは7年ほど前に、お祖母さまから農園を継いだそうです。その際、農家としてもっと未来を見据えた経営をしたいと思い、これまでのやり方を変えていくことを決めます。それまではずっと、市場に野菜を出荷するのが当たり前でした。でも市場出荷は自分たちで野菜の値段を決めることができません。小幡さんの農園の周りは農家が多く、メインで作っている小松菜やほうれん草、枝豆などは過剰な状態。そのためいつも、野菜を安い値段で出荷せざるを得ませんでした。

新しく始めたのは、丹精込めて育てた野菜に自分で値段をつけて、直接販売する方法。現在は農園に併設した直売所や、スーパーの直売コーナーで農産物を販売しています。

ブルーベリーファーム新松戸

野菜や米の栽培と並行して、2015年にはブルーベリーファームもオープンしました。小幡さんの農園では、2種類の系統のブルーベリーを育てています。ひとつは「ハイブッシュ系」、そしてもうひとつは「ラビットアイ系」と呼ばれるもの。

筆者が農園を訪れた6月下旬は、ハイブッシュ系のブルーベリーの収穫時期。一方のラビットアイ系は、7月上旬から8月下旬にかけて収穫が楽しめるそうです。「ラビットアイ系の方が収穫量は多いですね。成木だと1本の木から5〜6キロくらい収穫できるかな。」と小幡さん。
あの小さな実が5〜6キロって、かなりの量ですよね・・??

小幡さんにブルーベリー畑を案内してもらいました。通常は地植えといって、こんな風に地面に直接植えるのがスタンダード↓↓

ブルーベリーファーム新松戸

 

でもこの日摘み取り体験をさせていただいたエリアには、鉢植えのブルーベリーがズラリ!↓↓

ブルーベリーファーム新松戸

鉢植えには細い管を挿し、一日3回、全自動で液体肥料を注入してブルーベリーを育てています。

ブルーベリーファーム新松戸

ここには11種類のブルーベリーが植えられており、それぞれの鉢植えには可愛らしい実がなっていました。筆者もさっそくブルーベリーの摘み取り体験をスタート(大人900円/30分)!木の間を回り、大粒で色が濃くて、いかにもおいしそうな実を選びながら摘んでいきます。

一つつまんで口に入れると、ジューシーな甘さとフレッシュな酸味が口に広がりました。ちょっといちごを食べたときのみずみずしさに似ているかも?爽やかで暑い夏にぴったりです。

ブルーベリーファーム新松戸

いろんな木から実を摘みながら食べていると、なんとなく味の違いが分かってきました。甘みが強いものもあれば、香りが強いものもあります。そして見た目もちょっとずつ違うんです。真ん丸だったり、平らだったり。縦長のものもありました。生のブルーベリーってスーパーで見かけることもありますが、普段なかなか食べる機会はないのでは?

「ブルーベリーの木は低いのが特徴。だからお子さんでも摘みやすいんです。ブルーベリー狩りに来るお客さんは、ファミリー層が多いですね」と小幡さん。「冬には剪定をして、木が高くなりすぎないようにします。1200本の木を1本ずつ剪定していくのは、けっこう大変な作業なんです」。こうやってしっかり手をかけてあげるからこそ、たくさんの実をつけてくれるんですね。

品種によって少しずつ収穫の時期が違うので、シーズン中に何度か訪れて、いろいろなブルーベリーの味を楽しむのもいいかも!筆者もいろんな木から実を摘むのが楽しくて、気がつけばプラスチックのパックはいっぱいになっていました。家でもフレッシュなブルーベリーを楽しみましたよ♪(持ち帰りは別途量り売り/100gあたり400円)

ブルーベリーファーム新松戸

夏の日差しの下でブルーベリー摘みを楽しんだあとは、直売所の中ものぞいてみて。農園で収穫された鮮度抜群の野菜のほか、ブルーベリージャムや、農園育ちのタマネギやニンジンを使ったドレッシングも販売しています。

ブルーベリーファーム新松戸

ブルーベリーファーム新松戸

最後の締めにかき氷なんていかがでしょう?こちらは「ダブルベリーかき氷(300円)」です。氷の上には涼しげなフローズンブルーベリーがトッピングされていました。

ブルーベリーファーム新松戸

ブルーベリー狩りは混み合う日もあるため、事前予約をおすすめします。「摘み取り体験コース」「食べ放題コース」の2種類がありますが、「食べ放題コース」は7月中旬からの開始になるので、ウェブサイトをチェックしてみてくださいね。「新京成で行くブルーベリー狩り」のチラシを持参してアンケートに答えると、一人100円引きになります。

 

「ブルーベリーファーム新松戸」のウェブサイトはこちら。

↓↓

https://obatafarm.com/eat_blueberry/

 

 

ブルーベリーファーム新松戸

Address

千葉県松戸市七右衛門新田505

Tel

080-4857-0141

営業時間

9時~17時

定休日

不定休


この記事のカテゴリー: 松戸JR新松戸 グルメ, レポート, ショッピング, イベント, その他, アクティビティ情報, 体験・教室, 食品・飲料, お持ち帰りグルメ

この駅の記事一覧この駅の記事一覧