新京成電鉄オフィシャルサイト

CiaOCiaOは新京成電鉄が運営するオフィシャルブログです

春のお出かけは、新京成に乗っていちご狩りへ!

新京成で恒例のイベントとして人気の「いちご狩り」。毎年、年明け~5月頃まで行っています。

今年は、初参加の「田中園」さんのいちご農園を目指します(詳しくは、新京成の駅や車内の「いちご狩り」のポスターに載っています)。
またはこちらから!

 


いちご栽培は田中園さんにとって初めてのこと。去年の秋頃から植えつけ始めて、今は収獲、そしていちご狩りが出来るまでになりました。

ビニールハウスに入ってみると、たくさんのいちごが!私、ハウス栽培のいちごを見るのは初めて。やはりハウスの中って暖かいですね~。朝9時頃の時点で、温度計は20度を超えています。ちょっと動いただけで汗ばんできました。

 

こちらの農園では「やよいひめ」と「紅ほっぺ」を高設栽培しています。最近このタイプの農園が増えているみたいで、この栽培方法だと腰をかがめることなく作業がしやすいのと、いちご狩りのお客さんも摘み取りやすくていいですよね。

「車いすも楽に通れるように、通路を1メートルくらいとった方が良いよ」という同じ農家のご友人のアドバイスを受け、通路が広め。私たちが行き来するのにも余裕があります。


「まずは2つのいちごを食べ比べてみてください。個体差はあるだろうけど、甘味があるのは『やよいひめ』の方と言われていますよ」

さっそく摘みたてのいちごを頂きました。

「わ~、これが即食べのいちご狩りかぁ~。どちらもほどよく甘酸っぱくておいしいです!」

あれ?でも私、2番目に食べた紅ほっぺの方に甘味を感じた気がしました(;’∀’)

皆さん、これはもう食べ比べて確かめるしかないですね!

ハウスの全体を見渡すと、真っ赤に色づく少し前のいちごが多かったんですけど、2~7日をかけて先っぽからヘタに向かって完熟するそうです。いちご狩りはタイミングですね。


お話を伺っていると、しばらくしていちご狩りのお客さんがいらっしゃいました。皆さん、おいしそうないちごにまっしぐらです。

「こっちにたくさんあるよーっ!」子どもたちの元気な声が。楽しそうです♪

寒い日には、皆が温まるようにと直売所の暖炉が稼働します。自分たちで育てた梨から出た木や枝を燃料にして使い切るなんて、ムダが無くていいですね!

暖炉の火って、見ていて落ち着きます。

 

「今年から始めたいちごづくりだから、まずはお客さんに知ってもらいたいですね。これからだんだん暖かくなりますから、お散歩ついでに うちにいらしてください」

摘みたていちごが、ひと足先に春を運んできてくれました。

田中園

Address

千葉県船橋市二和東4丁目2-8
三咲駅から徒歩6分。​「二和町」バス停留所下車すぐ。

Tel

090-5445-6784 (畑に出ている時は、お電話がつながらないことがあります。)

営業時間

【田中園直売所】
7月下旬〜翌5月頃 AM9:30頃〜売り切り次第終了

【料金/税込み】
1月2日~3月3日
小学生以上1,800円/4~6歳1,500円/1~3歳500円
3月4日~5月5日
小学生以上1,500円/4~6歳1,200円/1~3歳500円
5月6日~終了まで
小学生以上1,000円/4~6歳700円/1~3歳500円

『新京成で行く「いちご狩り」』のキャンペーン期間中、新京成線各駅で配布しているチラシのアンケート欄に記入をして園へ提示すると、料金が一人につき100円引きになります。

定休日

月曜

三咲駅について(新京成電鉄オフィシャルサイトへ)


この記事のカテゴリー: 三咲 イベント

この駅の記事一覧