新京成電鉄オフィシャルサイト

CiaOCiaOは新京成電鉄が運営するオフィシャルブログです

カウンターで味わうトスカーナの料理

北習志野駅近くにある、イタリア・トスカーナ地方の料理を味わえるお店「イルジラソーレ」さん。オープンして1年と経っていない新しいお店です。早速行ってみましょう。


わぁっ!カウンターオンリーのお店なんですね。



あえてテーブル席を設けなかったのは「お客さまとのコミュニケーションが取れるように」というオーナーシェフの貝原塚さんがお店を持つ上で欠かせない軸があったからです。

「外食は、エンターテインメントの役割も担っていると思うんです。カウンター席ですと、作っているところが見られて楽しい、とのお声があったり、私としてもお客さま方が持つそれぞれの世界のお話を聞いて、勉強させてもらえます。うちは料理を召し上がっていただくことに重きを置いているので、お酒なしで食事のみご利用の方も、カウンター席だからと構えずに入ってきていただきたいです」

何をオーダーしようかな~、迷いますね。…とそこに、今まで見たことのない形のパスタを発見。真ん中の瓶のパスタがとても大きいので、気になります!


そこでシェフのおすすめもあり、これを使ったカルボナーラ(1,600円)をいただくことに。グリーンサラダ(1,300円)もお願いしました。一皿が、二人以上でシェアする量なので、お一人の場合は「ハーフサイズで」とオーダーすると良いですよ。

見るからに繊細なオレンジ色の山は、ニンジンです。まるで絹糸のように美しいので、誰もが目を奪われるでしょう。シェフは和食のお店で働いていたこともあるそうですから、このような包丁ワザは準備体操のようなものでしょうか。お客さまの感嘆の声があがるそうですよ。イタリアで修行中も周りのシェフから「ブラーヴォ!」と拍手をもらったそうです。

イタリアから仕入れている「パッケリ」と呼ばれる大きなパスタ。ゆでてふっくらしたパスタにアツアツのソースが絡み、口に含むとかなりの歯ごたえ。カルボナーラはローマが発祥の料理で、他の地方ではあまり見られないそうです。イタリア滞在のほとんどはフィレンツェでしたが、ローマにもいたことのあるシェフ。そのときのお店で出会った「思い出のカルボナーラ」が、このメニューなんです。


また、日本ではオイル系パスタの代表ともいえる「ペペロンチーノ」も、イタリアでは家庭料理なので、わざわざレストランに行ってまでオーダーしないのだそう(!)。ただ、このペペロンチーノをはじめとしたオイル系パスタは、素材がシンプルであるがゆえにシェフの腕が最も試される料理。これを上手に作ることができれば、自信をもってよいと言われるほど。「ここのオイルパスタが一番おいしくて、私は好きです」との常連さんの言葉に、うれしくなったそうです。

日本にいながら簡単に外国の食材が手に入る今、それでもまだ見たことのないものってあるんですよね。イタリアのノンアルコールの炭酸飲料は、カラフルで見た目もかわいい!


ピンクグレープフルーツスパークリングジュース(1,100円)です。色がキレイ!


ワインはフィレンツェのものが勢ぞろい。


私、メニューにティラミスがあるとオーダーしてしまうんですよね~。最後はコーヒーをいただきながらのデザートです。スプーンですくうと「あれ?」トロトロ・なめらか。今まで食べてきたティラミスと違う…、そしておいしい!イタリアでは、生地を器に流し込むのが主流のようです(ティラミス600円・コーヒー300円)



「本場に行かなければわからないことがたくさんありました。イタリアがとても好きになって、このまま住み続けたいと思ったほどです」

けれどシェフの夢は、自分のお店を持ちフィレンツェやローマで学んだ数々のおいしい料理を、日本の方たちに伝えることでした。それを叶えるため、日本に帰ってきてくれたことに感謝です。トスカーナのおいしい料理と楽しいお話で、私はこうしてお店にいる時間を満喫できたのですから。

★価格は税込みです。

イルジラソーレ

Address

千葉県船橋市西習志野3-25-1

Tel

047-401-2282

営業時間

ランチ 火~日曜12:00~15:00 (LO14:00)
ディナー 火~土曜18:00~23:00 (LO22:00)、日曜18:00~22:00 (LO21:00)

定休日

毎週月曜定休の他、月1回日曜に不定休あり

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日は変更となる場合があります。事前に店舗へのご確認をお願いします。

北習志野駅について(新京成電鉄オフィシャルサイトへ)


この記事のカテゴリー: 北習志野 イタリアン・フレンチ, グルメ

この駅の記事一覧