新京成電鉄オフィシャルサイト

CiaOCiaOは新京成電鉄が運営するオフィシャルブログです

まるでアラジンの世界!インド・パキスタン本場の味が楽しめるカレー屋さん

上本郷駅・松戸新田駅・みのり台駅、いずれの駅からも徒歩15分程度。

今回は「メリーチョコレートカムパニー」のはす向かいにあるインド・パキスタン料理店「チャエカナ」にお邪魔してきました。なんでも本場のカレーが自慢のお店だとか!

チャエカナ

漂う異国情緒にドキドキしつつ足を踏み入れてみれば、まるでディズニー映画「アラジン」のような世界観が広がっていました。

調度品はインド・パキスタン本場のもの、店員さんたちもインド・パキスタン出身の方です。でも皆さん日本語ペラペラなのでご心配なく。

チャエカナ

入り口にぶら下がるこちらは、中に明かりを入れて使うランプカバーなのだそう。「まだまだ装飾が少ないから、もう少し飾りたい」とオーナーのアメル・サヤドさん。

「チャエカナ」は2021年3月、八千代から移転オープンしたばかりのお店です。5月の取材時、入り口には真新しい胡蝶蘭が飾られていました。

チャエカナ

メニューにはさまざまな種類のカレーがずらり!

チャエカナのカレーはインド・パキスタンの本場の味わいが自慢だそう。あめ色になるまでじっくり炒めた大量のタマネギをベースに、20種類以上ものスパイスを具材に応じて使い分けて作るそうです。

チキン、マトン、ビーフ、エビ…。さまざまな種類のカレーがありますが、インドの西隣に位置するパキスタンは豚を禁忌とするイスラム教国のため、ポークカレーはありません。チャエカナはイスラム教徒が安心して食事を楽しめるハラルレストランです。

チャエカナ

こちらはカレーの中で一番人気だというフィッシュヘッドカレー。ブリやタイの頭をじっくり煮込んだカレーで、スパイスのぴりりとした辛さの中に魚の旨味が際立ちます。

付け合わせは米とナンから好きな方を選べます。フィッシュヘッドカレーにはライスを合わせるのが本場流だそう。

チャエカナ

「でもナンも自慢だから、ぜひ食べていってください。せっかくなので焼くところも見ていってください」とキッチンを見学させていただきました。

キッチンにはナン専用の窯が!窯の側面にぺたりと貼り付けて焼くのがなんとも不思議。注文が入るごとにこちらで焼いているそうです。

チャエカナ

「本場のインドカレーを出す店はたくさんあるけれど、本場のパキスタン料理を出す店はあまりありません。カレー以外の料理もおすすめなので、ぜひ食べてみてください」

オーナーのアメルさんのすすめでいただいたのは、こちらのビリヤニ

パキスタン流の炊き込みご飯とでも表現すればいいのでしょうか。細長いバスマティライスをチキンの大きな骨付き肉やスパイスと一緒に炊き込んだ料理で、ヨーグルトをかけていただきます。
バスマティライスを使っているせいか口当たりはパラパラで、まるでチャーハンのよう。でもお米の一粒一粒がチキンやスパイスの旨味をたっぷり吸い込んでいて、炊き込みご飯とチャーハンの良いところ取りをしたかのような不思議なおいしさです。

他にも牛肉と豆をトロトロになるまで煮込んで作る「ハリーム」、セモリナ粉で作るスイーツ「スジハルワ」など、ここでしか食べられないメニューがたくさんあるそうです。

インド風のミルクティー「チャイ」、ヨーグルトドリンク「ラッシー」といったドリンクメニューも自慢とか。テイクアウトの時に、ラッシーを飲みながら料理を待つお客さんも多いようです。

チャエカナ

ナンは小さなカゴにのって、フィッシュヘッドカレー以外のカレーは小さな金属の器で登場します。異国情緒たっぷりで、松戸にいることを忘れてしまいそうです。

チキンや魚の旨味をシンプルに引き出した料理が多く、「エスニックは苦手」という方でも比較的食べやすいインド・パキスタンの郷土料理。お店はもちろん、テイクアウトやUber Eatsでも注文できるので、ぜひ味わってみてくださいね。

パキスタン&インドレストラン チャエカナ 稔台店 (Pakistan Indian Restaurant CHAE KHANA)

Address

千葉県松戸市稔台8-40-27 メゾンスズキ 1F

Tel

047-710-8760

営業時間

11:00~15:00
17:00~22:30

定休日

未定

みのり台駅について(新京成電鉄オフィシャルサイトへ)


この記事のカテゴリー: みのり台 グルメ, エスニック, お持ち帰りグルメ

この駅の記事一覧