新京成電鉄オフィシャルサイト

CiaOCiaOは新京成電鉄が運営するオフィシャルブログです

「からだおもい」の こだわりクレープ

三咲駅からほど近い所にあるクレープのお店「カラムリア・ ラ クレープ」さん。クレープの生地に秘密があるらしく…?これは確かめるしかないですね!


南国をイメージした店内でイートインもできます。まだ1年と経っていない新しいお店ですが、徐々に固定客もついているそうです。

この日案内してくださった鈴木さんは、沖縄に2年ほど移住して服飾の仕事をなさっていたとか。店内のTシャツは、鈴木さんのデザインで作られたもの。南国では、普段着に何枚あっても便利なものですよね。



おやつの時間が近づいてきたところで、早速オーダーをしましょう。クレープはデザート系と総菜系があって、まずびっくりするのはメニューの多さです!



…でもこの中から一つを選ばねばなりません。私は、和・洋のコラボの中でも絶対の信頼をおいている「あずきイチゴホイップ」(480円)と温かい「ギー紅茶」(380円)をお願いしました。


あずきと生クリームがクレープ生地の底までたっぷり入っていて、ぜいたくな気分になります♪

メニューの考案をはじめ、クレープ生地を巻くときの形についてもオーナーと話し合いを重ねてきた鈴木さん。「具材が底の部分まできちんと入っているのが良いよね」なんて意見が一致したり。私も、そう思うことがありました!

総菜系のクレープ「ソーセージチーズ」(ピザソース・480円)も焼いていただきました。


おおっ!鮮やかです!流れるような早ワザを見ていると想像もつかないですが、初めての頃は、均等に生地を流して円にすることが難しかったそうです。

そして一番のポイントは、クレープ生地に含まれる「ギーオイル」。実はこれこそが、クレープをおいしくするものなんですね~。インド発祥のギーオイルは、バターから不純物を取り除いた純度の高いオイルで、ビタミンAやビタミンEの含有量が多く、美容と健康を支える優れものです。

クレープ生地にギーオイルを使うことで、他にはない、体に負担の少ないおやつに仕上がるんです。

デザート系と総菜系、それぞれのおいしさを引き出すために、材料の配合を変えてクレープ生地を二通り作っているそうです。手間を惜しまないところに感動します!


子どもたちが喜びそうなイベントの開催も続けていくそうです。お客さまの中には買い物帰りの地元の方も多く、今後も地域性に寄り添った取り組みにチャレンジしていきたいとのこと。

「お客さま目線のお店」。スタッフの方々の思いやりの気持ちが、アイデアのもとになっているんですね。

★価格は税込みです。

カラムリア・ラ クレープ

Address

千葉県船橋市三咲2-7-5 1F

Tel

047-404-5010

営業時間

OPEN 11:30
CLOSE 23:00(22:30ラストオーダー)

定休日

不定休

三咲駅について(新京成電鉄オフィシャルサイトへ)


この記事のカテゴリー: 三咲 グルメ, スイーツ, カフェ

この駅の記事一覧