新京成電鉄オフィシャルサイト

CiaOCiaOは新京成電鉄が運営するオフィシャルブログです

ラーメン得々スタンプラリー vol.7

ラーメン得々スタンプラリー開催中!

※12月15日(木)まで。

スクリーンショット(2016-11-09 21.27.14)

今年で8回目!ただいま新京成電鉄では恒例のラーメン得々スタンプラリーを開催中!期間中に対象の12店舗でお食事をすれば、お得なサービスを受けられるほか、スタンプ全部を集めると素敵な賞品がもらえます。詳しくはコチラ

ラーメン得々スタンプラリーチラシ(表)
ラーメン得々スタンプラリーチラシ(裏)

↓↓↓そして今回ご紹介する店舗は・・・↓↓↓

札幌ラーメン 菊や

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

北習志野駅から徒歩約10分弱。昭和44年創業のラーメン屋さんです。アルファベットで「KIKUYA」と看板されたモダンな建物。店内はいったいどのようになっているのでしょうか?

 

木の温もりが優しい・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木材を上品に組み上げた店内は広々としていて、まるでどこかのログハウスにやってきたかのよう。カウンター席もテーブル席もあるので、お一人でもカップルでもご家族でも楽しくお食事できます。

 

いらっしゃいませ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お店を切り盛りする勝俣さんご夫婦です。「ラーメンスタンプラリーのチラシを持ってきてくれたお客さんはもう500人位いるんだ。常連さんになってくれると嬉しいねえ」(勝俣さん・写真左)と、有り難いお言葉をいただきました。

 

 

それでは、

さっそく注文

お願いします!

 

菊やラーメン 900円

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メンマ、コーン、ワカメ、チャーシュー入りの看板メニュー味噌、醤油、塩の三種類から選べます。今回は初来店ということもあり、イチ押しの味噌をチョイス。47年もの歳月のうちに「変わらないもの」と「変わったもの」が混ざり合ったその秘伝のお味はいかに???

 

味の秘密を直撃!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひと口すするとあっさりまろやか。ふた口すすればもう止まらない。嗚呼、こんな至高の味噌ラーメンが新京成沿線にあったのですね(感激)。いったいどんな味噌を使っているのでしょうか?「北海道は岩田醸造の味噌『紅一点』をベースに玉葱や山椒などの野菜や調味料をいろいろと混ぜて味を整えています」(店主さん)。その後に一週間ほど寝かせてからスープとして使うのだそう。

 

味噌ラーメンには七味!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

味噌ラーメンといえば「バター」と思ってしまいますが、店主さんは異論を唱えます。「バターを入れると甘くなるからね。私は絶対に七味が合うと思うよ。昔は最初から七味をふりかけて出してたくらいだから。コレ、絶対に書いておいてよ!」(店主さん)。なるほど。というわけで、たっぷりふりかけました。ムムム、美味い!

 

餃子 400円

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんがりとした焼き味に食欲をそそられます。「野菜は全部国産だよ。地元の八百屋さんから仕入れているんだ」(店主さん)。そのこだわり、地元を愛する店主さんならではですね。素材の味を堪能できて、そしてどこか懐かしさを感じさせられる逸品です。

 

おにぎり 300円

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラーメン屋さんに「おにぎり」というメニューがあるだけでも、何だかテンションがあがってしまいます。注文を受けたあとに「おにぎり型」を使用してこしらえてもらえます。味はおかかと梅干し。漬物もついてこのお値段はお得!

 

特典!会計時に100円OFF!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラーメン得々スタンプラリーのチラシを持参した方限定!会計時に100円OFFしてもらえます。このリーズナブルな価格帯でさらに100円OFFは嬉しい!トッピングを楽しむもよし、大盛りにして満腹になるもよし。注文するのが楽しくなりますね。

 

スタンプGET!!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ごちそうさま」の後は、お店の人からスタンプを押してもらうのを忘れずに。全12店舗のスタンプを集めるともれなく素敵なラーメンどんぶりが貰えますよ。ではでは、チャオチャオ〜♪

 

札幌ラーメン 菊や

Address

千葉県船橋市習志野台2-13-27

Tel

047-464-6251

営業時間

平日 11:30~15:00/17:00~21:00
土日祝 11:30~21:00

定休日

火曜

北習志野駅について(新京成電鉄オフィシャルサイトへ)


この記事のカテゴリー: 北習志野 グルメ, レポート, イベント, ラーメン

この駅の記事一覧