新京成電鉄オフィシャルサイト

CiaOCiaOは新京成電鉄が運営するオフィシャルブログです

いい本を温めて売るお店

永末書店

花はなぜ風に揺れるのですか。
心はなぜ風に揺れないのですか。

永末書店

くまっちです。いきなりポエムすみません。
なんていうか、道端の花をじっと見つめていたら、何だか不思議な気持ちになってしまいまして。
これはどーやら・・・

私の胸の内に秘められていた、文学少年の心が甦ってきたようです!
というわけで・・・

永末書店

sl04_20150423_01_kuma

みのり台駅から徒歩3分弱の場所にあります。この街で37年続く古書店。※2015年3月現在。

お店に一足踏み入れますと・・・

 

押し寄せる古書の洪水

永末書店

店舗は決して広くはありませんが、もの凄い高密度なのであります。(驚愕)
これは間違いなく文学少年くまっちを新たな世界へ導いてくれる一冊があるはず!

 

いい本を温めて売る
それが私のやり方です

永末書店

素敵な笑顔の店主さんご夫婦です。「最近は流通の形態が変わってしまい、新刊本があまり古書店に流通しないんです。私は昔ながらのやり方でお店を続けてます。それはコツコツといい本を貯めていくこと。それを温めてから売ることです」(店主さん)

何気なく店内を見渡していると・・・

 

マニア垂涎の写真集

永末書店

森山大道と寺山修司が名を連ねる写真集。お値段は70,000円ですが、それでも安い。こんな一冊が忍び込んでいるとは・・・。店主さんの目利きがキラリと光る一冊。

 

味わい深い物語

永末書店

対象は小学生ですが大人でも十分楽しめそう。それにしてもイラストも味わい深いな~。本の装丁って本当に時代を感じさせますよね。

 

暮らしに役立つ一冊

永末書店

何気な~い言葉の語源を知っておくと、話題に困ったときなどに役立ちますよね。これ、買っちゃおうかな・・・。

 

小説やマンガもアリ

永末書店

社会科学系の本に強いお店らしいですが、誰もが楽しめる娯楽作品も置いてあるので、みなさまお気軽にお立ち寄りください。

 

お、ポエム発見

永末書店

ふと手にした写真集のページを開くと、谷川俊太郎の詩が掲載されていました。もちろん内容はここには書けませんが・・・私の心の中の文学少年はそのページをいつまでも見つめ続けていたのであります。

ではでは、くまっちでした~。チャオチャオ!

永末書店

Address

千葉県松戸市稔台1-13-2

Tel

047-366-0949

営業時間

11:00~18:30

定休日

不定休

みのり台駅について(新京成電鉄オフィシャルサイトへ)


この記事のカテゴリー: みのり台 ショッピング, 書籍・ホビー

この駅の記事一覧